東京での太陽光発電について

東京での太陽光発電について

東京というのは、どうしても一人当たりの土地が少ないです。それは仕方ないことではありますが、それでも太陽光発電をするスペースは意外と確保できます。まず、屋上があります。ビルはもちろんですが、個人宅でも当たりがよいのであれば、別に東京都でも十分に行うことができます。太陽の熱、と言うのがポイントであるわけではなく、熱であることが重要です。つまりは、ビルの反射光などが当たるところなどは最高の立地であるといえます。そうしたところはとても発電量が高くなりますから、設置することがとてもお勧めできます。しかし、都心部は周りの環境の変化も早いですから、実はかなり注意しないといけないことも多いです。大きなビルが前に建ったりしますとかなり日当たりに影響があるからです。これは都心部では避けることができないリスクといえます。

東京の郊外での自家太陽光発電

日照が十分な場所で、200万円で太陽光発電システムを屋根に設置したとしましょう。昼に多く電気を使う場合は、電気代から4000円くらいひかれて、さらに売電によって7000円を得れたとします。この場合、利益が出るまで15年以上かかります。太陽光パネルの経年劣化は20年で15%の発電効率低下なので、実際一般家庭が太陽光発電を完全自腹で取り付けるメリットはありませんし、15年~20年の間に周辺の建物に高い高層マンションが建ってそれで日照量が減少すれば利益はあきらめざるを得ません。東京の郊外で住宅地が多いから高い建物が建つ土地がないから大丈夫といても、マンション会社が土地を購入すればそれで建てられるので完全に大丈夫とは言えません。以上の事から一般の家庭が太陽光発電を自宅でするメリットはほぼ皆無ということが言えます。

土地の高い東京だからこそ太陽光発電

最近では、多くのご家庭が屋根にソーラーパネルをつけるようになり、太陽光発電を行っています。太陽光発電をする利点はなんなのか。まず、太陽光なのでエネルギーが無限にあり排気ガスやCO2なども排出されないので、環境に優しいです。また、太陽光が当たる場所ならどこでもよい為、土地があまりない東京でも場所をとりません。屋根の上や、使われていない土地を所有している方なら、その土地などどこでも大丈夫です。さらに、蓄電池などを使用すれば、災害が起きた場合でもこれまで貯めた電気を使うことで、明かりをつけるとこもできますし、テレビやお風呂、携帯の充電なども可能になり、災害時に慌てず、安全に行動することができます。しかし、唯一のデメリットといえば、ソーラーパネルの取り付けが少し高めのことです。やはり、ソーラーパネルの設置の為の金額が高いことや、施工までがめんどくさいと言う方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、最近では施工までの費用や設定などを全て計画してくれる会社も、増えてきておりそれに伴いソーラーパネルを設置する家庭も増えてきています。また、国や地方によって補助金が出ることもあるので、その分の費用を計算して見積りしてくれたり、一番お得になるように計画してくれるのでソーラーパネルを設置する場合には、会社に依頼することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*